イタリア料理研究家の資格が取れる。ベーシックコース(2級受験用)

ベーシックコース 12回/12ヶ月(ビギニングクラスを修了した方)

  • イタリア料理研究家の資格が気になる方
  • イタリア各地の郷土料理や郷土菓子に興味があって自分で作って食べてみたい方。
  • イタリア各地の料理や食生活、食文化、食材、ワインなどを学んでみたい方。
  • 同じ習うなら資格という形として残しておきたい方
  • 対面レッスンに通いたいけど、遠くて通うことができない方
  • イタリア料理検定2級を受験したい方。
  • 本格的なイタリア料理でおもてなしがしたい方
  • 将来、料理教室を開業したり自分のお店を開業したい方(職業にしたい方)
  • 大人の習い事として目標を持ちたい方

内容

旅するようにイタリアを10州巡りながら料理を作ります。

①オンラインライブ動画レッスン36品(3品×12ヶ月)が受講できます。

各州ごとの郷土料理とワインを学びます。
※レシピ、動画の無断転用はご遠慮ください。
PDFでレシピ、PDFワイン資料、zoomオンラインレッスンURLを開催日1週間前くらいに送ります。

②レッスン動画合計12本(3品×12本)
毎月のレッスン終了後から見る事ができます。

オンライン動画レッスンに参加できなかった方はこの動画から学ぶことができます。

参加した方はこの動画で復習することができます。
動画は最短でも1年間は閲覧可能です。

③イタリアワイン24種類を体験していただきます。

毎月2種類のイタリアワイン(小瓶×2)が自宅に送られてきます。

④イタリアワインについての資料をPDF12枚(24本分)が、レシピと一緒に送られてきます。

⑤オンラインサロン(月額5,500円予定)で座学を半額で参加又はセミナーの録画動画の閲覧ができます。(受講開始月から1年間半額で参加可能)

座学ではイタリア料理の食文化や食材など地域の特色を学ぶことができます。

※必須項目

1ヶ月に2回、(3品作成)決まった日時にオンラインライブ動画レッスンを開催します。
レッスン開催日から1週間前頃にZOOMのURLとレシピなどをお送りします。

・オンラインレッスン受講後に毎回作った料理写真を提出していただきます。
※写真の提出期限は開催月の最終日です。

オンラインレッスンに参加できない方は動画で学ぶ事ができ、
作った料理写真を提出していただきます。
※料理写真の提出は開催月の最終日です。

ビギニングクラス受講、課題の提出が完了した方は、
アドバンスクラスを受講することができます。

ビギニング、ベーシッククラス受講、課題の提出が完了した方は、
日本イタリア料理教室協会認定のイタリア料理検定2級の学科試験を受験することができます。

※2級受験にはイタリア料理検定3級の合格者であること
※当教室は協会の認定校なので、オンラインレッスンを受講し、作った料理の写真を提出していただくことによって実技試験免除になります。

学科試験を合格した方には、
イタリア料理教室協会からイタリア料理検定2級の認定書が送られてきます。

レッスン内容メニュー

※写真はイメージです。順次変更していきます。

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

4月 ヴェネト州

首都:ヴェネチィア 世界的に有名な観光地ヴェネツィアがある州です。
海の幸や農作物に恵まれヴェネツィアだけで見られる料理も多数あります。
この州ではアスパラガスのバッサーノ風やリージエビージとよばれるグリンピースのリゾットなどを作っていきましょう。

・アスパラガスのバッサーノ風
・グリンピースのリゾット(リージエビージ)
・イカのヴェネツィア風

その他の代表的な料理
・ヴェネツィア風玉ねぎのスパゲティ
・イカ墨のスパゲティ
・ティラミス
・グリンピースのスープ
・アスパラガスのリゾット

5月 エミリア・ロマーニャ州

首都:ボローニャ ミートソース発祥でもあるボロネーゼソースが有名です。
また手打ちバスタ、パルマの生ハム、チーズのパルミジャーノレッジャーノ、モデナのバルサミコ酢も有名です。この州ではストリートフードでよく食べられているピアディーナを作っていきましょう。

・フリッザーニア
・ピアディーナ
・鶏のカチャトーラロマーニャ風

その他の代表的な料理
・鶏肉のカツレツボローニャ風
・ナスのパルマ風グラタン
・ボロネーゼ
・ボローニャ風ラザーニャ

6月 カンパーニア州

首都:ナポリ 観光地ではアマルフィ海岸なども有名です。
有名な食べ物はピザマルゲリータやアクアパッツァなど多数あります。またスパゲティの発祥の地とも言われています。
この州では

・馬車に乗ったモッツァレラ
・タコのパスタ
・ナスのシューズ

その他の代表的な料理
・マルゲリータ
・アクアパッツァ
・ナポリ風あさりのスパゲティ(ボンゴレビアンコ)
・ズッペッタ(ナポリ伝統デザート)
・ゼッポレ(父の日に食べる揚げ菓子)
・ナポリ風ジェノヴェーゼソース(パスタ)
・ペンネアラビアータ
・プッタネスカ(パスタ)

7月 シチリア州

首都:パレルモ 地中海で一番大きくイタリア最大の島です。この島は様々な国に支配されてきたので、支配国からもたらされた新しい食文化と融合してシチリア料理ができていきました。
この州ではイワシのパスタ、パレルモ風や映画ゴッドファーザーでもでてきたお菓子、カンノーリなどを作っていきましょう。

・じゃがいもとトマトの温製サラダ
・イワシのパスタ、パレルモ風
・ファルソマグロ
・帆立貝柱のサラダマリネ
・エリコイダーリのオーブン焼き
・カジキマグロのパレルモ風パン粉焼き
・カンノーリ
・カポナータ
・オレンジのサラダ
・ノルマ風パスタ
・イワシのベッカフィーコ
・カジキのシチリア風煮込
・豚肉のソテーレモンソース

8月 サルデーニャ州

首都:カリアリ サルデーニャはシチリアの次に大きな島でバカンスシーズンには世界各国から人々が訪れます。人よりも羊が多いと言われるほどの羊飼いが最も多い地域でもあります。カラスミ、ロブスター、サフランや羊の乳で作られたチーズ、模様が綺麗な手打ちパスタなど有名で魚介料理、羊料理、仔豚一頭の丸焼きなど島独特のお料理が多数あります。
この州では、島独特のフレーゴラというパスタやイカの詰め物、デザートなどを作っていきましょう

・エビの蜂蜜マリネ焼き
・菜園風フレーゴラ
・イカの詰め物ロースト
・パルドゥラ(デザート)
・カラスミのスパゲティ

9月 プーリア州

首都:バーリ イタリア半島のかかとの部分にあたる州です。食材にとても恵まれた地域で、野菜や魚介、畜産物やフルーツも豊富です。ブッラータというチーズやセモリナ粉と水だけで作るオレキエッテという耳たぶの形をした生パスタが有名です。この州では生パスタのオレキエッテやお米料理のティエッラなどを作っていきましょう。

・ブッラータのサラダ
・ムール貝とじゃがいものティエッラ
・菜の花のオレキエッテ
・ナスのはさみ揚げ
・リコッタのクレープ巻き
・プーリア風フォカッチャ
・アクアサーレ(サラダ)

10月 ラッツィオ州

首都:ローマ 子羊料理や羊のチーズ、ペコリーノロマーノなどが有名、サルデーニャに次いで羊飼いが多い地域です。牛の象徴や胃袋などを煮込むローマ風トリッパも有名です。その昔、木曜日はニョッキの日と言われ食べられてきました。ローマ風ニョッキは独特の作り方なのでとてもユニークです。この州ではみんながよく知っているカルボナーラや美味しすぎて口に飛び込んでくるという意味のサルティンボッカなどを作っていきましょう。

・ローマ風ニョッキ
・牛テールのトマト煮込み
・カルボナーラ
・カチョエペペ
・サルティンボッカ
・マリトッツォ
・鶏肉の煮込みローマ風
・バッカラマンテカート
・カモ肉のパッパルデッレ
・ビスキー
・アマトリチャーナ(パスタ)

11月 ロンバルディア州

首都:ミラノ 海はないですが有名なポー川が流れているので水に恵まれている地域で、お米の栽培、ポルチーニ茸をはじめキノコ類、そば粉が栽培され、淡水魚のうなぎもミラノでは食べることができます。チーズのパルミジャーノレッジャーノ、グラナパダーノも有名です。料理はサフランのリゾット(リゾットアッラミラネーゼ)、骨付き仔牛のカツレツ(コストレッタアッラミラネーゼ)、仔牛すね肉の煮込み(オッソブーコアッラミラネーゼ)などチーズやバターをふんだんに使った黄金色のお料理が多数あります。この州ではミラノ風と呼ばれるカツレツ、リゾットやそば粉のパスタなどを作ってみましょう

・ピッツォケッリ(そば粉のパスタ)
・ミラノ風カツレツ
・ブルッティエブオーニ(デザート)
・ミラノ風リゾット
・オッソブーコ(牛すね肉の煮込み)
・パネットーネ
・ミラノ風アスパラガスのソテー
・ゴルゴンゾーラのニョッキ
・ミラノ風ミネストローネ
・仔牛のカツレツプリマベーラ風
・トッローネ(デザート)
・コロンバ(デザート)

12月 クリスマス

クリスマスはイタリア語でナターレといい、イエスキリストの生誕の日、イタリア人にとって一年で一番大切な日になります。家族や親しい人と一緒にクリスマスを祝う食事を食べますが、地域によって祝う時間帯も違いがあります。またクリスマスイブは体を清めるという意味で魚介料理を食べ、クリスマス当日はメインに肉料理を用います。サッと作れる料理から3日かけて作るデザートまで各州それぞれ伝統の料理が多数あるので、今回は州を分けずに自宅でも作りやすいクリスマス料理を作っていきましょう。

パンドーロ(ミラノ)
・未定
・未定
・未定

1月 ピエモンテ州

首都:トリノ ピエ=ふもと、モンテ=山と名前の通りアルプスのふもとに位置しています。白トリュフが有名で名物が沢山あり、食文化はフランスと共有しているものも多いです。2年に1度開催される世界最高峰にして最大級の食の祭典サローネ・デル・グストも世界スローフード協会の本部があるトリノで開催されています。この州ではみんながよく知っているバーニャカウダやリゾット、仔牛のツナソースなどを作っていきましょう。

・スフォルマート
・フォンドゥータ(チーズフォンドュ)
・バーニャカウダ
・牛肉のバローロ煮込み
・ボッリートミスト
・フリットミスト
・仔牛のトンナソース(ツナソース)
・アニョロッティダルプリン(生パスタ)
・バーチディダーマ(デザート)
・ブネ(デザート)
・パンナコッタ(デザート)
・モンブラン
・カポネ

2月 トスカーナ州

首都:フィレンツェ メディチ家のカトリーヌがフランス王家に嫁ぐときに伝えた料理がフランス料理の元祖になったという有名なエピソードがあります。
豆食いと言われるほど豆料理が豊富、山の幸を活かした料理も多く、キアーナ牛のTボーンステーキや牛の胃袋をつかったトリッパ、海沿いではカッチュッコという有名な魚介のスープなどがあります。
この州では、有名な料理が多いのでベーシックではパンツァネッラ(サラダ)、スペルト小麦のサラダ、色々きのこのスパゲティなどを作っていきましょう。

・鶏肉のディアボア風
・スペルト小麦のサラダ
・鴨のラザニア又はパッパルデッレ
・インゲン豆とツナのサラダ
・色々キノコのパスタ
・スキャッチャータ
・カッチュッコ リヴォルノ風
・パンツァネッラ
・ミニトマトの詰め物
・パッパコルポモドーロ
・リボッリータ・ズコット・スキャッチャータ・豚すね肉と玉ねぎのバルサミコ酢煮

3月 パスクア料理

パスクアとは英語でいうとイースターでキリストの復活祭の日。イタリア人にとって一年のイベントの中でもクリスマスと同じくらい重要かつ大切な日です。毎年パスクアの日は変わるので変動祝日になりその日は家族みんなで、各地方それぞれのパスクア伝統の料理を食べて過ごします。パスクアの翌日はパスクエッタといって祝日になるので、みんなでピクニックに行ったりして過ごします。今月は州にこだわらずにパスクアにまつわる羊料理やパスクエッタに持っていくトルタパスクアリーナなどを作っていきましょう。

・ストラッチャテッラ
・トルタパスクアリーナ(リグーリア州)
・羊のロースト
・未定

2級合格後に1級受験を考えている方は、アドバンスコースに進むことができます

アドバンスコース

アドバンスコース受講、課題提出後にイタリア料理検定級1級、1次試験の学科を受験することができます。※1級受験にはイタリア料理検定2級の合格が必須です
1次試験合格後に2次試験の面接を受ける事ができます。

1級を合格した方にはイタリア料理教室協会(ASCIG)から
イタリア料理検定1級の認定書が送られてきます。

 

▼価格

◆イタリア料理研究家養成ベーシックコース

旅するようにイタリアを10州巡りながら料理を作ります。
①オンラインライブ動画レッスン36品(3品×12ヶ月)が受講できます。
州ごとの郷土料理を学びます。
※レシピ、動画の無断転用はご遠慮ください。

②レッスン動画合計12本(3品×12本)
毎月のレッスン終了後から見る事ができます。
オンライン動画レッスンに参加できなかった方はこの動画から学ぶことができます。
参加した方はこの動画で復習することができます。
動画は最短でも1年間は閲覧可能です。

③イタリアワイン24種類(資料は別途送付)を体験していただきます。
毎月2種類のイタリアワイン(小瓶×2)が自宅に送られてきます。

④イタリアワインについての資料をPDF12枚(24本分)が、レシピと一緒に送られてきます。

⑤受講期間中はオンラインサロン(月額5,000円相当)で
座学の無料参加又はセミナーの録画動画の無料閲覧ができます。
座学ではイタリア料理の食文化や食材など地域の特色を学ぶことができます。

158,400円 税込み (13,200×12ヶ月)

 

開講記念特別キャンペーン

今回は開講記念特別キャンペーンとして
令和4年8月までにお申し込み限定で

ビギニングコース
145,200円132,000円(11,000×12ヶ月)
※レッスンとは別にワインが毎月2種類、小瓶に入って自宅に送られてきます。

更に

講師が選ぶ
イタリアンスターター調味料セット(総額1万円分)
がついています。

イタリアンスターター調味料セットイタリア郷土料理資格取得

イタリアに通うよりはるかに安い

講座の料金は高いでしょうか?

イタリアに10日間ほど勉強などで滞在するには、飛行機代と宿泊代で平均25万以上かかります。
そこからワイナリー、チーズ製造所などの訪問や観光地への交通費、入場料、イタリアマンマに料理を習う費用、通訳の方への費用、自分の食費などを計算すると別で30万以上かかります。

イタリアで短期間、料理学校に通うと更に20万以上など、合計で75万以上かかったりするのです。(お土産代は抜きです)
私がイタリア料理研究家の資格を取得する時は、イタリア訪問を数年ごとに何回も繰り返して色んな州を訪れ、日本ではプロ用の講習会で他県へ行くのに交通費を払ったり、プロフェッショナルの方に受講料を払ったりして学んでいました。

この講座での受講代、

ビギニング145,200円(12,100×12ヶ月)
ベーシック158,400円(13,200×12ヶ月)
アドバンス198,000円(16,500×12ヶ月)

は、1回イタリアを訪れるよりも安い金額なのです。
※毎月の習い事の金額にすると12,100~16,500円の習い事の費用になります。

更に今回は開講記念特別キャンペーンを実施しています。

今回は開講記念特別キャンペーンとして
令和4年10月までにお申し込み限定で

ビギニングコース
145,200円132,000円(11,000×12ヶ月)
※ワインが毎月2種類、小瓶に入って自宅に送られてきます。

更に

イタリアンスターター調味料セットイタリア郷土料理資格取得
講師が選ぶ
イタリアンスターター調味料セット
(総額1万円分)

がついています。

オンラインレッスンでは交通費も移動の時間もかかりません。
時間もお金も節約できて、自宅で好きな時に動画やレシピを見て復習することができます。
料理教室を開業する5年前からイタリアを訪れたり、プロの講習会に参加したり、自分で料理教室を10年間続けてきたりと、費やしてきた時間とお金、経験をギュッと詰め込んだ内容をこの講座でお伝えしていきます。

イタリア料理教室を現在10年、イタリアンレストランや割烹料理屋、市場の魚屋など
飲食業界に20年以上(新規立ち上げ&飲食店での教育係は8年経験)携わり、
今まで経験し学んできた全ての内容を惜しみなく、わかりやすく丁寧にお伝えします。

 

将来、イタリア料理教室やカフェなど自分のお店を開業したいあなた

働きながら、イタリア料理研究家の資格を取りたいあなた
イタリア料理の専門性を高めたいあなた

イタリア料理研究家の資格をとることによって、自分に自信がつき、料理の説明にも説得力が増します。
イタリアの食文化や食材についての知識が増えるので、生徒さんに伝えることができるようになります。

自分の得意分野や好きな事の専門であることが、さらなる強みになり、開業した後も困ることなく教える事ができます。

イタリアの郷土料理を学び専門家としてイタリア料理の魅力を伝えましょう。

イタリア料理教室を現在10年、イタリアンレストランや割烹料理屋、魚屋など飲食業界に20年以上(新規立ち上げ&飲食店での教育係は8年経験)携わり
栄養士、薬膳マイスター、マクロビインストラクターの資格を持つイタリア愛のある講師が日本一わかりやすく丁寧にお伝えします。

イタリア料理研究家資格取得

夢をかなえる準備はできていますか?
さあ、イタリア料理研究家への物語を始めましょう。
料理教室に通わない、自宅で学べてイタリア料理のプロフェッショナルになれる
人生開花のイタリア料理研究家資格取得講座

タイトルとURLをコピーしました